一般民事事件・その他

一般民事事件・その他に関するご相談は当事務所へ! 社内規定を見直したい・・・ 契約書の見直しをしたい・・・ 他社とトラブルが起こってしまった・・・ 債権の回収をお願いしたい・・・

どう対処すればよいのか、不安にならぬよう、
こと細かくサポートいたします。一人で抱えこまないでください。

弁護士が直接相談をいたしますので、事前に電話でご予約をお取りください。電話での相談はお受けしておりません。
電話受付時間午前9:30~午後18:30まで
電話番号は、03-3509-0121です。

その他のご依頼もお受けしています!

・労働問題   ・ 顧問業務   ・悪徳商法被害   ・敷金、立退き等
・借地借家のトラブル  ・近隣トラブル   ・民事事件一般   ・下請トラブル

上記の他、当事務所はさまざまな法律問題を取り扱っています。

借地・借家の問題

 借地・借家の問題は、大家さん・地主さんにとっては、大事な財産の利用の問題ですし、借家人・借地人にとっては生活の本拠にかかわる問題で、いずれの当事者にとっても大問題です。
しかし、継続的なお付き合いをしてきた間柄ですから、できれば、話し合いで円満に速やかに解決したいものです。当事務所は、借地・借家の問題について、示談交渉、調停、訴訟などを通じて、速やかな、双方が納得できる解決を目指します。
大家さん・地主さん側、借家人・借地人側いずれからのご相談、ご依頼も受けております。

【大家さん・地主さん側からの代表的なご相談】 
   ・契約違反があったので、賃貸借契約を解除したい
   ・賃料を支払わない賃借人に退去を求めたい
   ・地代・家賃が近隣に比べて不相当に安いので増額を要求したい
   ・契約更新を拒絶したい

【借家人・借地人側からの代表的なご相談
   ・借家の修繕をしてくれない
   ・敷金を返してくれない
   ・契約更新拒絶の通知が来た

労働問題

 不況や円高の影響で、企業の経営環境は厳しい状態が続いており、労働問題に関する相談も増加する傾向にあります。
従業員との紛争は、当事者である従業員にとって切実な問題であることはもとより、紛争の長期化により他の従業員の士気の低下を招き会社の業務に影響をあたえることもありますので、会社経営にとってもその発生を防止し、速やかに解決すべき問題です。当事務所では、解雇・雇止め、未払賃料・残業代、配置転換、労働災害の問題など、主に個別労働紛争について、労働者側、使用者側双方のご相談を受け付けております。

建築紛争

 せっかく建築したマイホームに欠陥があったときに受ける精神的なショックは、大変なものでしょう。
しかし、建築に関し素人である消費者は消費者は、専門的知識を有する業者と対等の立場で話し合って、問題を解決するには困難が伴い、時には泣き寝入りを強いられることとなりかねません。
  当事務所は、建築専門家と協力し、欠陥住宅被害などの建築紛争について、訴訟、調停、裁判外紛争処理手続などを通じて、速やかな解決を目指します。
 ※弁護士費用の他、建築専門家への費用が発生します。

セカンドオピニオンを求めたい

 司法試験合格者の増加により、弁護士人口は激増しています。
司法試験合格者が増加したと言うことは、以前であれば合格していない人が合格し、弁護士になっているということです。
これまでは、例外はあったにせよ、おおむね、弁護士の資格を有していれば、それなりの能力と見識を持った人物でしたから、誰に頼んでも、はずれを引くことは滅多にありませんでした。
しかし、弁護士が大幅に増加した今日は、必ずしもそうではありません。今後は、弁護士に依頼するにも、その能力を見極めて依頼しなければ、依頼者が損害を受ける可能性があります。大きな手術を受けるときのように、初めて弁護士に事件を依頼するときは、他の弁護士にセカンドオピニオンを求めてみてはいかがでしょうか。
   現在弁護士に相談中の事件について、他の弁護士の意見も聞いてみたいという方は、ご遠慮なく、当事務所へご相談ください。

料金の目安

法律相談料
 初回相談       1時間5,400円
 2回目以降  30分  5,400円

※ 法テラスの定める資力、収入の基準に合致する方は、法テラスの援助制度の利用が可能で
す。法テラスを利用される場合の弁護士費用は、法テラスの定める基準によります。