離婚問題を弁護士事務所で解決する

離婚は単純な恋人同士の別れとは全く違います。
婚姻関係にあるということは、法律が深く関わってくるからです。
離婚は世間的に良くあることと認識されている中、
わざわざ弁護士に依頼するまでもないだろうと思われる方も多いことでしょう。
弁護士に依頼することで事を大きくしてしまうのではないかと危惧する方もいるでしょう。
しかし、法律のことを、法律を職業としている弁護士に聞くことはごく当たり前のことであり、
一番早く、正確な答えに導いてくれるのも弁護士であることは言うまでもありません。
慰謝料に関しても、知識を持たない一般人が行うことは百害あって一利なしです。
躊躇する間に事態を悪化させてしまうくらいなら、是非弁護士を頼って下さい。
前進するための一歩を、一緒に踏み出しましょう。

平成26年の一年間に離婚をした夫婦は、約22万組と推計されています。離婚をせざるを得ないような事態に至った場合も、できれば当事者間で遺恨のないよう、円満に解決したいものです。

・・・つづきはこちら

離婚は「夫婦」という法律上の身分関係を解消する行為であり、法律上の様々な問題が生じてきます。そのような場合に相談したいのが弁護士ですが、その探し方をご紹介します。

・・・つづきはこちら

「弁護士に相談する」というと、躊躇する方もいらっしゃるでしょう。しかし、弁護士に相談すれば効率的に法律問題を片付けることができますので、できるだけ早く相談しましょう。

・・・つづきはこちら

慰謝料は、不貞や暴力など不法行為によって苦痛を受けたことに対する損害賠償であり、いくら精神的なダメージが大きくても、単なる性格の不一致などの場合は、慰謝料請求権は発生しません。

・・・つづきはこちら