弁護士ブログ

2016年3月26日 土曜日

死刑囚からの手紙

 昨日、2人の死刑囚の死刑が執行されたと法務省から発表された。

 現在、私が刑事事件を受任するのは、年に2件程度だが、新米弁護士の頃は刑事事件を熱心にやっていた。その中で、一度だけ、国選で、死刑事件の弁護をしたことがある。今は、弁護士数が激増し、国選弁護事件は取り合いのような状態にある。しかし、私が弁護士登録した当時は、国選弁護は報酬が低額に過ぎるため、厄介な事件は引き受け手がなかった。そのような場合、弁護士会から引き受けてくれそうな弁護士に対して、「国選弁護を引き受けてくれ」と個別に依頼をしていた。

 私がまだ駆け出しの頃のある日、弁護士会の国選弁護の担当者から「引き受け手のない事件の国選弁護をしてくれないか」と電話があった。事件の内容を聞いてみると、「最高裁での死刑事件」とのこと。その当時、熱心に刑事事件の弁護に取り組んではいたとはいえ、死刑事件で、しかも上告が棄却されると死刑が確定することになるから、尻込みした。それでも、弁護士会の担当者に「ベテランの先生と一緒にやっていただきますから」と説得され、結局引き受けることになった。

 その時引き受けた死刑事件の被告人が、昨日死刑執行が発表された鎌田安利だった。

 高等裁判所での裁判を担当した大阪の弁護士から、裁判の記録を送ってもらったところ、段ボール箱が山ほど届き、経験の浅かった私は、記録の量に圧倒された。起訴されたのは5件のバラバラ殺人と1件の窃盗。一審では窃盗は無罪となったものの、5件の殺人は有罪が認定され、死刑。控訴審では、窃盗が有罪とされ、5件の殺人の有罪も維持され、死刑。被告人は、起訴された犯罪事実を否認し、上告した。

 最高裁での弁護を一緒にやっていただくことになったベテランの弁護士は、大学教授で、刑事訴訟法の専門家のN先生であった。学校の先生に対してアレルギーのある私は、「怖い先生だったらどうしよう」とびくびくしていたが、お会いしてみると、小柄な年配の穏やかな先生であった。

 ある日、被告人から手紙が届いた。もちろん事件のことについての言い分が書いてあったが、それよりも私の目を引いたのは、2週間分の献立がびっしりと書かれていたことだった。その後も、被告人からは、献立が書かれた手紙が何通か送られてきていた。

 最高裁では、憲法違反、事実誤認、情状などフルコースで主張したが、上告は棄却され、死刑判決が確定した。被告人との連絡は、N先生にお願いしていたから、私は直接被告人と会うことはなかったが、N先生が死刑判決の確定を被告人に告げるときの気持ちはどうだったかと想像すると、私も胸が苦しくなる。

 死刑制度の是非については、さまざまな議論があるが、世論調査などによると、死刑制度を支持する人が圧倒的に多く、死刑廃止は少数派である。
 死刑制度によって凶悪犯罪が減少するわけではないという研究はある。一方、刑罰は、被害者に代わって国家が報復するという側面もあるから、被害者や遺族の気持ちを考えると軽々に死刑廃止を唱えることもできない。死をもって償うべき罪は絶対にある。しかし、それでは、裁判が間違っていた場合はどうなのか、死刑が執行されれば取り返しのつかないことになるのではないか・・・そのように考え始めると、頭の中で議論は堂々めぐりをし、死刑制度をどう考えるか結論が出せないというのが、正直なところである。

 判決確定から10年以上を経て、ついに死刑が執行された。

 自己否定になってしまうが、判決が間違っていたとは思わない。
 証拠上、有罪認定はやむをえないものでしたし、死刑制度がある以上、死刑以外の刑は選択の余地はなかった。
 このあたりは、理解してもらえないことも多いのだが、個人的に、「被告人は有罪であり、死刑以外にない」と考えるところがあったとしても、被告人が罪を否認し、刑を受け入れないというのであれば、「被告人は無罪」であり、「死刑制度は憲法違反である」と主張すること、それが弁護人の仕事なのだ。

 鎌田は、あの後も献立を記録し続けていたのだろうか。そうだとすれば、一食を得ることで、まだ生きているという実感を得ていたのかも知れない。

 裁判所に証拠として提出された写真には、ひどく損壊された被害者の死体が写っていた。今でも脳裏に焼き付いている。被害者の恐怖や苦痛、怨みのを考えると、鎌田の冥福を祈ることはできない。あの世でも裁きを受けてもらうしかない。

 しかし、「袖振り合うも多生の縁」というから、私も何かの因縁で鎌田と関わりを持ったのだろう。せめて、鎌田が人に転生することがあるならば、「この次の人生こそは、真人間として生を全うしてくれ」と祈る。

投稿者 持田法律事務所 | 記事URL

2016年3月 8日 火曜日

懐かしい人

 先週末、関西地方に古い友人を訪ねた。出会ってから、もう30年にもなる。しばらく年賀状のおつきあいくらいはしていたのだが、それもそのうちなくなり、たまにどうしているかと気になってはいたが、そのままになっていたのだった。
 再会したのは、3年前に、このホームページを見つけてくれたことが契機だった。最後に顔を見てから15年以上は経っていただろうか。メールのやりとりが始まり、再会。お互いに年はとったが、15年のブランクを感じることなく、すぐに打ち解けられた。

 今回は、それから2年半ぶりの再会だった。「どこに行きたい?」と問われ、古代史ファンの私のこと、奈良方面へ古墳ツアーに出かけた。大して古代史に関心があるとも思えない友人にレンタカーを運転してもらい、まずは、その友人おすすめの浄瑠璃寺に参詣して、一路奈良へと向かった。

 一時「邪馬台国ではないか」と騒がれた纒向遺跡が本命だったが、駐車場がなく断念。しかし、その近所の崇神天皇御陵、景行天皇御陵、黒塚古墳その他の古墳群を堪能して帰ってきた。

 束の間の再会を楽しみ、来年は、伏見の酒蔵街とサントリー山崎蒸留所へ飲んだくれツアー(もちろん、電車である)に行くことを約束し、名残を惜しみつつ最終ののぞみ号で帰京した。

 出会った頃には、30年後に奈良でドライブをし、京都で盃を交わしているとはお互い想像だにしなかった我が良き友よ。君と知り合う前の時間より知り合った後の時間の方がずっと長くなった。残りの人生のうちで、あと何度会えるか分からないが、若い日に大笑いをした君と一緒に年をとっていくのが楽しみになってきたぞ。

黒塚古墳



投稿者 持田法律事務所 | 記事URL

2016年1月 4日 月曜日

あけましておめでとうございます

 平成28年がスタートしました。
 この虎ノ門の地に当事務所を開設したのが平成16年5月のことだから、今年で開設12年を迎えることになります。
 この間、長い景気の低迷や弁護士の大増員による競争激化の中で、曲がりなりにもここまでやってくることができたのは、ひとえにご依頼者の皆様方のご愛顧の賜物と感謝に堪えません。
 これからも、ご依頼者の皆様とともに怒り、泣き、笑い、そして成長する事務所であり続けたいと思います。

 当事務所の一年は、金刀比羅宮への初詣から始まります。今年も、職員とともに参詣し、ご依頼者の皆様の平安と職務の安全を祈願申し上げてきました。
 
 このブログは、これまで何年もほったらかしにしていたものですが、これからは不定期ながら、更新します。日常のこと、時事問題、法曹界のことなど日々のつれづれなる思いを投稿する予定です。

 私の文章は、本来、「だ」調、「である」調で、おそらくブログの多くは、そのような書き方になると思います。「偉そうだ」とか「愛想がない」とか、いろいろなご感想があろうかと思いますが、人間が偉そうであったり、ぶっきらぼうであったりするわけではありませんから、そこは、ご容赦ください。

 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

投稿者 持田法律事務所 | 記事URL

2012年5月17日 木曜日

オリンパスの闇と戦い続けて

 コンプライアンスという言葉が人口に膾炙して久しい。多くの企業では、コンプライアンス体制の一環として、コンプライアンス違反のおそれのある行為を通報すべき内部通報窓口(ヘルプライン)を設置している。 また、人事制度として、年功序列型から成果・能力主義型に移行している企業も多い。成果・能力主義は、一定の指標の達成度及び一定の能力を昇進や昇給の基準とするものである。

 これらの制度が正しく機能すれば、内部通報によって、コンプライアンス違反の芽を早期に摘み取ることができるし、成果能力主義人事制度によって、従業員は、その適性と努力によってキャリアを磨き、昇進と昇給、そして仕事を通じた自己実現を図ることができる。大変結構なことである。

 それでは、そのヘルプラインが社内の異端分子をあぶり出すために利用され、ヘルプラインへの通報を契機に、長年にわたって積み上げてきたキャリアとは全く関係のない分野への配置転換がなされ、事実上、昇格と昇給の機会が奪われるとすればどうだろうか。
 そんな企業小説を地でいくような事件の当事者となったのが濱田正晴さんである。濱田さんは、その経験を執筆し、このたび「オリンパスの闇と戦い続けて」(光文社刊)として上梓された。

 濱田さんは、工業高等専門学校を卒業し、大手電子機器メーカーを経て、昭和60年にオリンパス株式会社に入社、数年間ポラロイドカメラ開発業務にかかわった後、自ら望んで営業職に転じ、オリンパス・アメリカにおいて売上達成率ナンバーワン、優秀セールスマンとして表彰されるなど、輝かしい経歴を持つ営業マンだった。
 ところが、濱田さんのサラリーマン人生は、ヘルプラインへの通報を機に暗転する。濱田さんが、平成19年6月に、上司のコンプライアンス違反と思われる行為をヘルプラインに通報したところ、通報の事実がその上司に伝達され、営業とはまったく分野違いの「新規事業技術探索活動」を命じられることになり、人事評価も急降下してしまったのだった。

  濱田さんのすごいところは、何といっても、正しいと思ったらとことんまでやり抜く力である。会社勤めをしながら、現在も会社と戦っている。これは、なかなかできることではない。普通の人であれば、会社に愛想を尽かして退職するか、会社に迎合、屈服し、自身の地位を守ろうとしただろう。しかし濱田さんは、そのいずれも潔しとせず、理不尽と戦うことを決意し、配置転換の無効を裁判所に訴えた。しかし、1審(東京地裁)敗訴。2審(東京高裁)で逆転勝訴したが、会社側が上告し、事件は現在最高裁に係属中である。この事件は、大きく報道され、裁判では私も弁護団に加わったので、濱田さんのご著書に、少しだけ私の名前が出てくる。

 この事件の控訴審判決の後、オリンパスの巨額損失隠しが発覚する。
 発覚の経緯は、オリンパスのマイケル・ウッドフォード社長(当時)が、企業買収に際して、常識を逸脱した額の投資助言会社への報酬、買収資金を支払っていた事実を追求しようとして、菊川会長(当時)らに解任されたことだった。ウッドフォード氏が、報道機関に対し、菊川氏が社長在任中の企業買収に伴う不明朗な会計処理を追及したことが原因で解任されたと表明し、大騒ぎになったのだった。

 このウッドフォード氏の解任劇は、正義を追求しようとした者が追放されたという点で、濱田さんの事件と同根である。

 これまで、上場企業は、どこの会社も、コンプライアンスをやかましく唱え、その体制作りをしてきたはずだ。しかし、いかに立派な体制をつくったとしても、それを動かすのは人だ。コンプライアンスを実行する企業トップが自らコンプライアンス違反をしていたのでは、体制が機能するはずはない。もちろん、オリンパスを含め、多くの企業は、様々な研修制度や能力開発プランを取り入れ人材育成に力を入れているだろう。では、そこでの「研修」や「能力」は、知識や技術に偏ってはいないか。「志」を育てることを忘れてはいないか。この問題は、実に、企業だけの問題ではなく、家庭教育、学校教育などもかかわる問題であり、ひいては将来の国家運営にかかわる大問題である。

 私の尊敬する二人の経営者、松下幸之助氏と出光佐三氏(いずれも故人)が、同じことを言っているのを知って、驚いたことがある。

 松下幸之助氏「松下電器は人を作る会社です。あわせて電気製品を作っています。」
 出光佐三氏「人間をつくることが事業であって、石油業はその手段である。」

 
 
 このお二人は、また、経営をこのように表現している。

 松下幸之助氏「世の為、人の為になり、ひいては自分の為になるということをやったら、必ず成就します。」
 出光佐三氏「出光は、人間尊重の主義により、まず自己を尊重して人生に安定の基礎を得、社会、国家のために努力することを楽しむことになっている。」

 この4月20日、オリンパスは臨時株主総会において、経営陣を刷新した。オリンパスは、濱田さんの事件、損失隠し事件によって、自社が汚名にまみれるだけでなく、「日本企業がガバナンス改革に後ろ向きである」などとして、日本企業全体の信用を傷つけることになった。
 オリンパスは、人を育て、そこに働く人を幸福にし、社会、国家に奉仕する企業として生まれ変わってほしいと思う。

 出光佐三氏は、昭和45年に福島県を訪れた際、地元の小学生に次のように話した。
 
 「政治家とか、大きな事業をしている人が偉いのではなく、真心の鏡が曇っていない人が偉いんだ。」

 濱田さんは、オリンパスを愛するが故に、その理不尽を許すことができず、戦い続けている。このような人こそ、真心の鏡が曇っていない人というべきであろう。

平成24年5月17日記



 

投稿者 持田法律事務所 | 記事URL

2012年4月10日 火曜日

新入社員研修

 名古屋地方裁判所豊橋支部(愛知県豊橋市)への出張を終え、新幹線の中でこのブログを書いている。豊橋は、あまりなじみのない土地だが、全国的に名の知られた名物や観光地があるわけではなく、道がやたらと広い他は、なんということもないごく普通の田舎町のようである(別に悪口を書いているつもりはないので、念のため。)。

 裁判所で弁論準備手続を終えて、豊橋駅近くのラーメン屋で遅い昼食を済ませ、駅構内を新幹線乗場の方へ歩いていると、「ちょっといいですか。」と声をかけられた。こんなところで、客引きもあるまいに、何事かと思って声の主を見ると、20代前半であろうか、バインダーを抱いた若いスーツ姿の女性である。往来で、私のようなおじさんに声をかけてくる若い女は、大方、ろくなものではない。水商売でなければ、新興宗教の勧誘か押し売りと相場が決まっている。しかし、新幹線の発車時刻まではまだ間があるので、少しからかってやろうと思い、つきあうことにした。

 その女性は「新入社員研修の一環としてお話をうかがっています。いくつかお尋ねしたいので、2、3分よろしいですか。」と言う。そら来た、何か売りつけるつもりか、名刺をもらって、後からセールスの電話をかけてくるつもりだろうと思う。

 私がそのようなことを思っていると、彼女は、3つの質問をしてきた。「新入社員に何を求めますか。」「今の学生に言いたいことは何ですか。」「プロとして必要なものは何ですか。」と。

 おやおや、これはまじめな質問だ。こちらも気を取り直して、まじめに答えなければと思い、こう答えた。

1 新入社員に求めるもの

  「貪欲にかつ謙虚に学ぶ姿勢」

 新入社員は、見ること聞くこと触れるもの全てが初めての経験ばかりだろう。最初のうちは、何が何だか分からずに右往左往するのは当たり前だ。しかし、受け身の立場で教えを待つのではなく、自ら上司先輩に進んで質問し、その姿を見て、1日も早く職業人としての自分を確立してもらいたい。

2 今の学生に言いたいこと

  「勉強せよ。」
 
 最初は、「今の学生をどう思ういますか。」という質問だったが、「『今の学生』と言われても、今の学生に接していないから、答えようがない。」と答えると、このように質問が変わった。

 学生は、自身が専攻する分野の勉強はもちろんだが、人間を深め、幅を広げる勉強をしなければならない。本を読み、芸術に接し、思索に耽り、師友と議論をするためにふんだんに時間を使うことができる時期は、人生の中でおそらく学生時代だけである。

3 プロとして必要なものは

 「信念と誇りと使命感」

 一所懸命に信念をもって一道を究める。そのような自らの生き方に誇りを持つ。そして、使命感をもって自らの知識、技能を世のため人のために役立てる。こうなれば立派なプロである。

 私が話し終えると、その若い女性は、嬉しそうに「ありがとうございます」と言い、その場を別れた。名刺も要求されなかったし、何も売りつけられなかった。

 新幹線に乗ってから、しばらく考え込んでしまった。
 私は、果たして新社会人の人たちに恥ずかしくない先輩だろうか。何を若い人たちに伝えていくことができるか。本当にプロといえるか。

 彼女の新入社員研修は、私にも重い研修課題を与えてくれたのだった。

 平成24年4月10日記

 

投稿者 持田法律事務所 | 記事URL

2012年4月 2日 月曜日

春の喜び 春の悲しみ

  石走る垂水の上の早蕨の萌え出づる春になりにけるかも  志貴皇子

 はや4月。多くの官庁や会社、学校では新年度、新体制、新学年の始まりの月だ。通勤電車の中には、新入社員とおぼしき若い人の姿も見られる。
春は新たなる出発に相応しい。それは、全てのものが生命を吹き返す、喜びにあふれた季節だからだ。万葉集に収められた志貴皇子の御歌は、わたくしなぞが言うまでもなく、春の喜びを詠んだ歌として名高い。

 春の香りは、様々な思い出を呼び起こす。小学校卒業と中学校入学。高校入学。高校卒業後上京して、初めて見る東京。百科事典を調べて知ったネクタイの締め方・・・。この季節になると、必ず思い出す人生の節目の記憶だ。その記憶のどれもが、希望と期待を持って新たな境地に臨んだ喜びとともに思い出される。この春も、子供たちや若者が、学校で、職場で、喜びを持って新たな歩み進めることだろう。

 しかし、春は悲しい季節でもある。

 うらうらに照れる春日に雲雀あがり心悲しもひとりし思へば  大伴家持

 春の悲しみは、今を盛りに輝く生命もいずれは滅びると知るからだろうか。
 東京では、3月31日に桜が開花した。約1週間で満開になるそうだ。花は、いずれは散りゆくからこそ愛おしい。

 昨年3月11日の大災害では、多くの人が死んだ。昨年のこの時期には、「たくさんの人が死んでも桜は咲くのだなあ。」と当たり前のことに感心した。そして、今年も花は咲く。被災地では、咲く花に亡き人の笑顔を重ね、散る花に世の無常を思う人も多いに違いない。

 皇子が早蕨の芽吹に心を揺らし、家持が春の日の雲雀に悲しみを感じてから1300年。その対象は人それぞれ違っていても、今もなお春は喜びと悲しみの季節である。

平成24年4月2日記

投稿者 持田法律事務所 | 記事URL

2012年3月27日 火曜日

父の死

 この3月23日に父が他界した。

 父は、昭和8年1月23日に生まれ、79年と2月の生涯を閉じた。

 父は、生前、自身の生い立ちについて話すことはほとんどなかったが、ほのかに聞くところによると、必ずしも幸福な少年時代を送ったわけではないようであった。
そのような環境も人格形成に影響したのであろうか、私の知る父は、気まぐれで、時に激昂する扱いにくい人であった。私は、そのような父を嫌い、高校卒業後、郷里を出て東京で就職した。

 一方、父の元ご同僚の方の弔辞や、親戚連中の思い出話からは、優しく、仕事熱心で、部下思いの、また、自身の激しい性格を制御しようと苦しむ父の姿もそこにあったのだった。

 父は決して真面目な人間ではなかった。おそらく人並み以上に、他人に迷惑をかけ、困らせてきた人間であった。酒も煙草もたしなまなかったが、血圧が高く、晩年は、心筋梗塞、脳梗塞を発症し、長く闘病生活を送った。

 危篤の連絡があったのは、22日午前中だった。すでに脳死状態との知らせだった。手の施しようがないほどの脳内出血だったそうだ。脳死状態ならば、生命維持装置をつけていれば、しばらくは持つのかと思っていたが、23日の午前中に逝った。

 父に対する恨み辛みも言いたいことも山ほどあったが、父は私の恨み言を聞かぬまま逝ってしまった。父が死んでも涙は出ないだろうと思っていたが、やはり出なかった。

 私は、これまで父を反面教師として、生きてきたつもりだ。その反面教師が亡くなったいま、複雑な感慨を抱き、郷里がまた少し遠くなったような寂しさを感じている自分に、いささか戸惑っているところである。

平成24年3月27日記

投稿者 持田法律事務所 | 記事URL

カレンダー

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31